思考再開

自分さえ良ければ社会から、助け合い・共存共栄社会へ

専業主婦という給料が出ない重労働

専業主婦(夫)とは、給料が出ない重労働です

専業主婦(あるいは専業主夫)は楽ではありません。むしろ重労働です。このことが、まるでわかっていない旦那様方が多く、そんな旦那様方に対して不満に思っている奥様方が多いようです。

旦那様方たちのなかには、気が向いたときに、ちょっと家事を手伝ったり、ちょっと子どもの面倒を見たりして、「ほら、手伝ってやったよ! 家事なんて楽勝じゃん! 育児なんて子どもと一緒にいれるのだから、楽しいもんじゃん!」などと言って、得意げな顔をする人たちがいます。たしかに家事や育児の、その一つひとつは、びっくりするほど大変なものというわけではありません。しかし、様々な作業を細切れの時間でする必要があり、何と言っても、毎日しなければならないからこそ、大変なのです。

はっきり言って「重労働」です。

奥様方は、家事や育児をしても、給料が貰えるわけではありません。旦那様からのねぎらいの言葉すら貰えず、それどころか「仕事もせずに家事や育児さえしていればいいのだから、気楽でいいよな!」なんてことを、さらっと言われたりもします。それでも奥様方は、日々耐えています。旦那様方に悪意はありません。ただ鈍感なだけなのです。だから余計に性質が悪いのです。

それは2人で稼いだお給料です

旦那様はサラリーマンをしているとします。奥様は専業主婦をしているとします。この場合、旦那様が外でバリバリ働くことができているのは、奥様が家事に専念して、家を守ってくれているからです。どちらが偉いとかではなく、それぞれがお互いのすべきことに集中して、家計を支えるべく、最大の成果を上げているわけです。

「旦那様が給料を稼いできてくれている」のではありません。「旦那様と奥様の2人で、給料を稼いでいる」のです。

当たり前のことのようですが、なかなか本心から、そのように思えていない旦那様方(あるいは奥様方も)が多いのではないでしょうか? 

旦那様が奥様の「家事労働」や「育児労働」の大変さを理解しようとしていない……。あるいは奥様の方が旦那様から認めて貰えていないと思い込んでいたり、旦那様に経済的に依存しているという引け目を感じていたりする……。そんなことですから、ある日突然、奥様が「外に出て働いて、社会貢献がしたい!」などと言い出すことになるのです。

悲しい話です。口では「社会貢献がしたい」と言っていますが、本心では「誰かに認められたい」「誰かに必要とされたい」「私は寂しい」と言っているわけですから。

本当は、すでに社会貢献をしているのです。旦那様が元気に会社にいって、社会貢献をして、家に帰ってくる……それをサポートしているわけですから、もう十分に社会の役に立っているのです。

私たちはいいかげんに、「社会貢献=賃金が発生すること」「労働=賃金が発生すること」という考え方を捨てるべきです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

no image 1
第6章 介護離職・介護職員の人手不足について

介護業界の人手不足は深刻です。 高齢化社会は、ますます加速していきます。介護業務 ...

no image 2
ベーシックインカムと「働かない人」に対する不公平感の正体

「働かない人」に対する不公平感は「錯覚」あるいは「幻想」です 「いかなる理由があ ...

no image 3
「業務効率化のジレンマ」がある限り、社会全体の利益は最大化されない

業務の効率化は悩ましい 仕事において、無駄をなくして、生産効率を上げることは、重 ...

no image 4
生産性が向上すればするほど、失業しやすくなる

生産性の向上と雇用の増加は相容れません 生産性の向上と雇用の増加は相容れません。 ...

no image 5
「楽」をすることは「悪」ではなく「知恵」である

「楽」をしないことは、お客様に対して失礼です 仕事において「楽」をすることは「善 ...

no image 6
「誰にでもできる仕事」と「再就職が容易な社会」と「人材の流動化」

私たち自身が、再就職が難しい社会を作っています 再就職(再チャレンジ)が難しい社 ...