思考再開

自分さえ良ければ社会から、助け合い・共存共栄社会へ

働きたくない人は、働かない方がいい

「働かないで生活する人たち」に対する不公平感なんて出てきません

ベーシックインカムが導入されれば、「働いて生活する人たち」と「働かないで生活する人たち」が出てきます。そうすると「働かないで生活する人たち」に対して「不公平感」を覚える人たちも、当然、出てきます。しかし、そのように思う人たちは、ごく少数だと思います。

ベーシックインカムが導入された社会とは、「働くこと」も「働かないこと」も自由に選択できる社会です。さて、そのような社会において、あえて「働くこと」を選んだ人たちが、「働かないこと」を選んだ人たちに対して、不平不満を口にする、ということはありうるのでしょうか? 基本的にはありえません。なぜなら、「自ら」働くことを選択しておきながら、「働いていない人たちはズルい!」などと言うことは、論理的に間違っているからです。

しかし、人間は論理ではなく、感情で生きています。世の中には様々な人たちがいますので、「自分は働いているというのに、働いていない人たちはズルい!」と思う人たちは、やはり出てきてしまいます。仕方がないので、そういった人たちには「働かないで生活する側」に回ってもらうことにしましょう。その人自身が「働かない側」に回ってしまえば、不平不満を口にする理由はなくなります。これにて一件落着です。

「働かなければ生きていけない社会」においては、自分が「働いている側」であるときに「働かない側」を見つけた場合に、不公平感を覚えてしまうのも無理はありません。しかし「働かなくても生きていける社会」においては、自分の意志に基づいて「働いている側」にも「働かない側」にもなれるので、不公平感を覚えることはないのです。

「働きたい人たち」だけが働けば、それで十分です

不公平感を覚える人たちは、自分たちの仕事のことを「面白みのないもの」あるいは「しんどい上に、やりがいがないもの」として捉えているから、不公平感を覚えるのだと思います。そんな彼らは、仕事のパフォーマンスを上げることはできないでしょう。それどころか「自分たちは面白みのない、しんどい仕事を、こんなにも頑張っているのだ!」ということを「利権」にしてしまうかもしれません。そういうわけですので、彼らには「働かない側」に回ってもらった方がいいのです。

不公平感を覚えない人たちは、自分たちの仕事のことを「面白みのあるもの」あるいは「しんどいけれども、やりがいがあるもの」として捉えているから、不公平感を覚えないのだと思います。そんな彼らは、仕事のパフォーマンスを上げることができるはずです。「面白みのある仕事」を「より面白みのある仕事」に変えようとするでしょう。「しんどいけれども、やりがいのある仕事」を「より楽(らく)に、より楽(たの)しく、よりやりがいのある仕事」に変えようとするでしょう。そういうわけですので、彼らには、ぜひとも「働く側」でいてもらった方がいいのです。

働きたくない人たちは、働かなくても構いません。
働きたい人たちにだけ、働いてもらえれば十分です。
それが個人にとっても社会にとっても、最もパフォーマンスが最大化されやすい状態だからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

no image 1
第6章 介護離職・介護職員の人手不足について

介護業界の人手不足は深刻です。 高齢化社会は、ますます加速していきます。介護業務 ...

no image 2
ベーシックインカムと「働かない人」に対する不公平感の正体

「働かない人」に対する不公平感は「錯覚」あるいは「幻想」です 「いかなる理由があ ...

no image 3
「業務効率化のジレンマ」がある限り、社会全体の利益は最大化されない

業務の効率化は悩ましい 仕事において、無駄をなくして、生産効率を上げることは、重 ...

no image 4
生産性が向上すればするほど、失業しやすくなる

生産性の向上と雇用の増加は相容れません 生産性の向上と雇用の増加は相容れません。 ...

no image 5
「楽」をすることは「悪」ではなく「知恵」である

「楽」をしないことは、お客様に対して失礼です 仕事において「楽」をすることは「善 ...

no image 6
「誰にでもできる仕事」と「再就職が容易な社会」と「人材の流動化」

私たち自身が、再就職が難しい社会を作っています 再就職(再チャレンジ)が難しい社 ...