思考再開

自分さえ良ければ社会から、助け合い・共存共栄社会へ

「勤労の美徳」という「悪徳」について

働くことは本当に美しいことですか?

ベーシックインカムへの反対意見に、「勤労の美徳」が損なわれてしまう、というものがあります。「働かずに生きていく人が出てくることは、モラル的に間違っている! けしからん!」と、こう言っているわけです。

しかしこれは、現在の働き方が「美徳に値する」という前提に立った反論です。現在の働き方が「美徳に値しない」のだとすれば、この反論は、論理的に成立しません。

「勤労の美徳」というよりは「勤労の悪徳」です

モノが足りていない時代には「勤労は美徳」です。世の中に必要な食糧や物資を行き渡らせるために働くことは、素晴らしいことです。しかし、モノが足りている時代には、必ずしも「勤労は美徳」ではありません。世の中に必要な食糧や物資がすでに行き渡っているならば、過剰に働く必要はありません。そして今の世の中は、生活に必要なモノやサービスは、十分に足りています。

「世の中をより便利にするためのサービス」や「心を豊かにするためのサービス」を生み出す労働は立派です。しかし、購買意欲をあおったサービス」を生み出す労働は、それほど立派ではありません。ましてや、「将来の不安をあおったサービス」を生み出す労働は、ぜんぜん立派ではありません。

食品偽装やマンションの耐震偽装をしている会社で働くことは、美徳ではありません。そういった不正に薄々と勘付いていながらも、「悪いのは経営者や上司であって、自分ではない」などと罪の意識を感じることもなく、平気な顔で給料が貰えるのであれば、それは褒められたことではありません。たとえ、自分や自分の家族の生活を守るためであったとしても、罪であることにかわりはありません。

自分の仕事を守るために、5時間でできる仕事をあえて8時間かけてしているのであれば、3時間は働いていないのと同じです。自分の立場を守るために、他人の足を引っ張ったり、他人の成果を見て見ぬ振りをしたりするのであれば、もはや社会の発展を阻害しているだけです。

はっきり言いましょう。

私たちの多くは、「仕事をしている」のではなく「仕事にしがみついている」だけなのです。

美徳とは、飢餓や貧困、そして戦争をなくすことです

「勤労の美徳」は、もはや美徳ではありません。
「勤労の美徳」という言葉があるゆえに、他人を押しのけてでも、自分が「働いている者」であろうとするくらいですから、「勤労の悪徳」と言ってもいいくらいです。したがって冒頭の、「ベーシックインカムの導入によって『勤労の美徳』が損なわれてしまう」というような考え方は成立しないのです。

社会全体の利益の最大化と分配をして、飢餓や貧困、そして戦争をなくす……。
「美徳」とは、そういったものではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

no image 1
第6章 介護離職・介護職員の人手不足について

介護業界の人手不足は深刻です。 高齢化社会は、ますます加速していきます。介護業務 ...

no image 2
ベーシックインカムと「働かない人」に対する不公平感の正体

「働かない人」に対する不公平感は「錯覚」あるいは「幻想」です 「いかなる理由があ ...

no image 3
「業務効率化のジレンマ」がある限り、社会全体の利益は最大化されない

業務の効率化は悩ましい 仕事において、無駄をなくして、生産効率を上げることは、重 ...

no image 4
生産性が向上すればするほど、失業しやすくなる

生産性の向上と雇用の増加は相容れません 生産性の向上と雇用の増加は相容れません。 ...

no image 5
「楽」をすることは「悪」ではなく「知恵」である

「楽」をしないことは、お客様に対して失礼です 仕事において「楽」をすることは「善 ...

no image 6
「誰にでもできる仕事」と「再就職が容易な社会」と「人材の流動化」

私たち自身が、再就職が難しい社会を作っています 再就職(再チャレンジ)が難しい社 ...