思考再開

自分さえ良ければ社会から、助け合い・共存共栄社会へ

雇用を増やすことではなく、社会全体の利益の最大化と分配を考える

社会全体の利益の最大化と分配について

社会全体の利益が「最大化されず」、国民ひとり当たりへの分配が「少なく」なる社会。
社会全体の利益が「最大化されて」、国民ひとり当たりへの分配が「多く」なる社会。

どちらがいいかと言われれば、当然、後者のような社会に決まっています。けれども、現在は前者のような社会になっています。ベーシックインカムが導入されれば、後者のような社会を実現することができます。

現在の社会では、国民ひとり当たりへの分配が「少なく」なります

ベーシックインカムが導入されていない現在は、「働かなければ生きていけない社会」です。私たちは「失業への恐怖」を抱えたまま、生きていかなければなりません。

自分の仕事がなくなってしまわないように、あえて非効率的な働き方をしなければなりません。勤務時間が8時間であるために、5時間でできる仕事を、あえて8時間かけてしなければなりません。会社への忠誠心を示すために、あえてサービス残業や休日出勤をしなければなりません。誰かが成果をあげてしまうと、相対的に自分の評価が下がってしまうので、成果をあげそうな人の足を引っ張ったり、成果そのものを見て見ぬ振りをしなければなりません。このような働き方(生き方)を定年退職するまで続けざるをえない、という人たちがたくさんいます。

私たちは、パフォーマンスを最大化することができずにいます。当然、組織の利益が最大化されることはありません。ひいては社会全体の利益も最大化されません。そんなわけですので、国民ひとり当たりへの分配も「少なく」なっています。

ベーシックインカムが導入されれば、国民ひとり当たりへの分配が「多く」なります

ベーシックインカムが導入されれば、「働かなくても生きていける社会」になります。私たちは「失業への恐怖」から解放されて、生きていけるようになります。

自分の仕事を守る必要がなくなるので、どんどん業務改善を進めて、どんどん効率的な働き方ができるようになります。8時間かけてしていた仕事を、5時間でするようになります。勤務時間自体も、これまで8時間だったのが5時間に短縮されます。会社への忠誠心を示す必要がなくなるので、サービス残業や休日出勤をしなくても済むような、業務改善をするようになります。誰かが成果をあげることは、自分の仕事がより楽になることにもつながり、ありがたいことなので、成果をあげそうな人のことを応援するようになります。仕事にしがみつく必要がなくなるので、自分がいなくなっても仕事が回るように、あたかも自分で自分のことをリストラするかのように、業務改善を積み重ねていくことができるようになります。

私たちは、パフォーマンスを最大化することができるようになります。組織の利益は最大化されるようになります。社会全体の利益も最大化されるようになります。巡り巡って、国民ひとり当たりへの分配も「多く」なります。

いかに社会全体の利益を最大化して、どう分配するかです

ベーシックインカムが導入されて、社会全体の利益の最大化と分配がなされるようになれば、誰もが幸せになれます。職に就いていない人たちのところには「最低限の生活を送るのに必要な現金や食べ物」が行き届きます。

もちろん、職に就いている人たちにもメリットはあります。
短時間労働化が進むことで、プライベートの時間が増えます。趣味に興じるのもよし、家族や恋人と一緒に過ごすのもよし。ヨガや瞑想にふけるのもよし……。私たちは、お金やモノ以外の喜びを取り戻すことができるはずです。

  • ベーシックインカムの導入を宣言
  • 「業務効率化のジレンマ」の解消
  • 国民一人ひとりのパフォーマンスの最大化
  • それぞれの会社の利益の最大化
  • 社会全体の利益の最大化
  • 国民ひとり当たりへの分配の最大化

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

no image 1
第6章 介護離職・介護職員の人手不足について

介護業界の人手不足は深刻です。 高齢化社会は、ますます加速していきます。介護業務 ...

no image 2
ベーシックインカムと「働かない人」に対する不公平感の正体

「働かない人」に対する不公平感は「錯覚」あるいは「幻想」です 「いかなる理由があ ...

no image 3
「業務効率化のジレンマ」がある限り、社会全体の利益は最大化されない

業務の効率化は悩ましい 仕事において、無駄をなくして、生産効率を上げることは、重 ...

no image 4
生産性が向上すればするほど、失業しやすくなる

生産性の向上と雇用の増加は相容れません 生産性の向上と雇用の増加は相容れません。 ...

no image 5
「楽」をすることは「悪」ではなく「知恵」である

「楽」をしないことは、お客様に対して失礼です 仕事において「楽」をすることは「善 ...

no image 6
「誰にでもできる仕事」と「再就職が容易な社会」と「人材の流動化」

私たち自身が、再就職が難しい社会を作っています 再就職(再チャレンジ)が難しい社 ...