思考再開

自分さえ良ければ社会から、助け合い・共存共栄社会へ

トップページ

PICK UP CONTENTS

pen_hand

ベーシックインカムと「一億総活躍しないでもいい社会」

※未完成の連載記事です。

私たちは「一億総活躍しないでもいい社会」を目指すべきです。社会とは、発展すればするほど、雇用が減少するようにできています。言い方を変えれば、雇用が減少するということは、それだけ社会が発展しているということでもあるので、実は喜ばしいことなのです。失業者がいることは問題ではありません。失業者が食べていけないことが問題なのです。

「ごあいさつ」のようなもの

生きる力」よりも「助け合う力」

「自己実現」「自己成長」……。
こういった言葉を聞かない日はありません。最近では「生きる力」といった言葉が使われるようになりました。どれも美しく、たくましい響きのある言葉です。しかし、冷静に考えてみれば、これらの言葉の裏に潜んでいる危うさに気づくことができます。何てことはありません。「自己責任」という言葉に、上品なよそ行きの服を着せてやっているだけなのです。

なぜ、最初に「助け合うこと」「協力し合うこと」が語られないのでしょうか? 助け合えば、特別に意識しなくても自然と、自己実現にも自己成長にも、つながるのです。協力し合えば、生きる力などといった大げさなものも必要ありません。

私たちは、誰も助けてはくれない世の中だ、だから自分の身は自分で守るしかない、などと考えがちです。たしかにその通りかもしれません。しかし、私たちの多くが、自分の身は自分で守るしかないと考えてしまうから、ますます助け合うことから掛け離れた世の中に進んでいるのだ、という事実から目を背けるべきではありません。私たちは、自分の生き残りを考えることで、自分の首を絞めているのです。

四方八方どちらを向いても、自分じぶんジブンJIBUNです。
世の中がギスギスするわけです。

今、私たちに必要なのは「生きる力」ではなく「助け合う力」なのではないでしょうか?

「1+1=2」とは限りません

純粋な数学においては「1+1」が「2」であることに、間違いはありません。しかし、人間関係においては、必ずしも「1+1」が「2」であるとは限りません。

私たちは日々、「成果」をあげるために、働いています。
協力し合えば「1人+1人=2.2人分の成果」を上げられるかもしれません。不毛な競争(というよりは足の引っ張り合い)をすれば「1人+1人=1.8人分の成果」しか上げられないかもしれません。
残念ながら、今の私たちの働き方は、後者のような働き方であるような気がします。

「生きる力」を全否定するつもりはありませんが、「助け合う力」の方がより多くの人たちが幸せになれるということを、思い出してほしいのです。

貧困を作り出しているのは私たち自身です

なぜ貧困があるのでしょうか?
先ほど書いたことに答えがあります。

不毛な競争をして「1人+1人=1.8人分の成果」になるような働き方をしているから、貧困が生じているのです。協力し合って「1人+1人=2.2人分の成果」になるような働き方をすれば、貧困は生じません。

私たちは貧困に陥らないようにと競争をして、地位や立場を獲得しようとします。地位や立場を獲得したら、今度は、地位や立場を守るための競争をします。私たちはそうやって、いつまでたっても「1人+1人=1.8人分の成果」にしかならないような働き方を続けているのです。自分が「幸せ」になるためであれば、どこかの誰かに「しわ寄せ」がいったとしても、まるでお構いなしなのです。

貧困は「天災」ではなく「人災」です。
貧困を作り出しているのは私たち自身なのです。

真面目なサイトです

社会の在り方について真面目に考えるサイトです。
働き方から義務教育やイジメ問題まで、幅広く書いていこうと思っています。
「通勤・通学の暇つぶし」にでも読んでもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

no image 1
第6章 介護離職・介護職員の人手不足について

介護業界の人手不足は深刻です。 高齢化社会は、ますます加速していきます。介護業務 ...

no image 2
ベーシックインカムと「働かない人」に対する不公平感の正体

「働かない人」に対する不公平感は「錯覚」あるいは「幻想」です 「いかなる理由があ ...

no image 3
「業務効率化のジレンマ」がある限り、社会全体の利益は最大化されない

業務の効率化は悩ましい 仕事においては、無駄をなくして、生産効率を上げることは、 ...

no image 4
生産性が向上すればするほど、失業しやすくなる

生産性の向上と雇用の増加は相容れません 生産性の向上と雇用の増加は相容れません。 ...

no image 5
「楽」をすることは「悪」ではなく「知恵」である

「楽」をしないことは、お客様に対して失礼です 仕事において「楽」をすることは「善 ...

no image 6
「誰にでもできる仕事」と「再就職が容易な社会」と「人材の流動化」

私たち自身が、再就職が難しい社会を作っています 再就職(再チャレンジ)が難しい社 ...